top of page
  • 執筆者の写真RPA運用サポート.com

RPA×API連携: 自動化の次世代への鍵

更新日:2023年12月8日





現代のビジネス環境では、日々の業務をより効率的かつスムーズに進めるための方法が求められています。しかし、多くの企業は既存のシステムと新しいツールを完璧に連携させることに苦労しています。ここでRPAとAPIの組み合わせの重要性が浮上してきます。


この記事を読むことで、RPAとAPI連携の基本から、その実際の利点、そして成功へのステップまでを網羅的に学ぶことができます。これにより、業務自動化の取り組みを次のレベルに引き上げ、競争力を高める手助けとなるでしょう。




I. RPAとAPI連携の基礎知識




1-1. RPAの基本概念とその利点


RPAは、人間が行う繰り返しの業務を自動化する技術です。RPAの利点としては以下の通りです。


効率向上:

手動で行うよりも速く、24時間無休で業務を行える。


コスト削減:

長期的には人件費やエラーによる損失を削減できる。


品質の向上:

人間のミスを排除して一貫した品質を保つことが可能。


スケーラビリティ:

業務量の増減に柔軟に対応できる。


RPAとAPI(Application Programming Interface)の連携は、更なる自動化の可能性を拓く鍵です。APIは異なるソフトウェアやシステム間で情報をやり取りするためのインターフェースで、RPAとの組み合わせにより以下の利点が得られます。


システム間のシームレスな連携:

RPAがUIベースでの操作を自動化するのに対し、APIはバックエンドでのデータのやり取りを効率化します。


速度:

APIを通じたデータの取得・更新は、UI操作よりもはるかに高速です。


拡張性:

新しいシステムやアプリケーションとの統合が容易になります。


事例:


金融機関での口座開設プロセス。RPAが顧客の入力データを収集し、APIを利用してクレジットチェックシステムと連携、結果をリアルタイムで取得。

Eコマースの在庫管理。RPAが販売データを収集し、APIを通じてサプライチェーン管理システムとのデータ同期を実施。

顧客サポートでのFAQ自動応答。RPAが顧客の質問を解析し、APIを使って知識ベースから適切な回答を取得。




1-2. APIとは何か: その役割と重要性


APIは、ソフトウェアアプリケーション間で情報や機能を共有するための橋渡し役として機能する仕組みです。APIは、システムやアプリケーションがお互いにコミュニケートするための一連のルールとプロトコルを提供します。


APIの役割と重要性:


データの共有:

APIは、異なるプラットフォームやアプリケーション間でデータのやり取りを効率的に行うことを可能にします。


拡張性:

APIにより、新しい機能やサービスをシステムに組み込むことが容易になります。

セキュリティ: 正しく実装されたAPIは、安全にデータを交換するための方法を提供します。


RPAとAPIの連携は、業務プロセスの自動化に新しい次元を加えます。RPAがユーザーインターフェースを通じて操作を自動化する一方、APIはシステムの内部レベルで効率的なデータのやり取りを実現します。この連携により、速度、正確性、そしてスケーラビリティが飛躍的に向上します。


事例:


保険申し込みの自動化:

RPAが顧客からの情報を入力し、APIを通じて背景調査や評価を即座に行う。


医療レコードの統合:

RPAが患者の情報を集約し、APIを利用して異なる医療システム間での情報共有を実現。


リアルタイムの為替取引:

RPAが市場の動きを監視し、APIを通じて取引所との即時の通信を行い、適切なタイミングで取引を実行。



II. RPAとAPIの統合のメリット



2-1. 自動化の範囲の拡大


近年、RPAの進化は目覚ましく、シンプルな作業から複雑な業務プロセスまでの自動化が可能となっています。さらに、APIとの連携を強化することで、企業のシステムやクラウドサービスとの間でのデータの受け渡しが容易となり、自動化の範囲が大幅に拡大しています。


RPAAPI連携は、異なるシステム間の情報の橋渡し役としての役割を果たしています。具体的には、RPAが操作する対象となるシステムが提供するAPIを通じて、データの取得や操作を自動的に行うことが可能です。


事例をいくつか紹介します


金融業界:

顧客の口座情報や取引履歴を外部の信用調査機関のAPIを介して取得し、ローンの審査プロセスを自動化。


小売業:

在庫管理システムとオンラインショッピングサイトのAPI連携により、在庫の更新や注文処理をリアルタイムで自動化。


製造業:

工場の生産ラインデータを外部の供給業者のAPIと連携し、部品の発注を自動化。


これらの事例からもわかるように、RPAAPI連携は業務プロセスの効率化をもたらすだけでなく、新しいビジネスチャンスの創出や競争力の向上にも寄与しています。



2-2. システム間のシームレスな連携の実現


RPA技術の進展により、APIを介したシステム間の連携が一層重要となっています。このRPAAPI連携は、異なるシステムやプラットフォーム間でのデータや機能のアクセスを可能にし、組織内での情報流通と業務効率を高めています。


APIを利用することで、RPAは直接的なUIの操作だけでなく、バックエンドでのデータ処理や通信も自動化できます。このことは、システム間のシームレスな連携とデータの一貫性を実現する上で極めて有効です。


具体的な事例を以下に示します


物流業:

荷物追跡システムのAPIとRPAを連携させ、顧客の問い合わせに対する自動応答や報告を効率化。


HR業界:

人事管理システムのAPIとRPAを組み合わせ、新入社員のオンボーディングプロセスや研修のスケジューリングを自動化。


医療業界:

患者情報管理システムのAPIをRPAと結びつけ、処方箋の発行や患者の予約状況の自動更新を実現。


これらの事例を通じて、RPAAPI連携が実際の業務フローにおいてどのような価値を提供するかが明確になるでしょう。組織全体としての情報の透明性やリアルタイム性を向上させることで、顧客へのサービス品質も大幅に高まります。





III. RPAツールとAPI連携の実際の例



3-1. 代表的なRPAツールとAPIの組み合わせ


RPA ツールとAPIの組み合わせは、業務の自動化をより進化させ、多様なシステム間の連携を実現するための重要なステップです。以下は、RPAツールとAPIを組み合わせることで、どのような効果を得ることができるのか、およびその代表的な事例を示します。


RPAとAPIの組み合わせの利点


データ連携の柔軟性:

RPAが画面操作を通じて情報を収集・操作する一方、APIはバックエンドでの直接的なデータ交換を可能にする。


効率性の向上:

API経由でのデータアクセスは、RPAよりも高速かつ確実にデータを取得・更新できる。


拡張性:

APIを利用することで、RPAの機能範囲を超えた多様なサービスやアプリケーションとの連携が可能となる。


事例:


事例1:

金融機関での顧客情報更新。RPAツール(例: UiPath)がCRMシステムの画面を操作し、顧客情報を取得。APIを通じて、他の顧客管理システムとの情報同期を実現。


事例2:

Eコマースの在庫管理。RPAツール(例: Blue Prism)がサプライヤーのウェブサイトから在庫情報を収集し、APIを用いて自社の在庫管理システムを更新。


事例3:

ヘルスケア分野での患者情報連携。RPAツール(例: Automation Anywhere)が病院のEMRシステムから患者情報を取得し、APIを通じて他の関連サービスとデータを共有。


このように、RPAとAPIの組み合わせは多岐にわたる業務での効率化と最適化を実現しています。この連携をうまく取り入れることで、業務の自動化をさらに進化させることが可能となると考えられます。



3-2. 成功事例とその効果


RPAとAPIの連携をうまく活用することで、多くの企業が業務効率の向上やコスト削減を実現しています。以下はその代表的な成功事例と、それに伴う効果を示します。


事例1: 航空会社のチケット予約システム


背景: 複数の予約プラットフォーム間での情報連携の遅延と不一致。

RPAとAPIの利用: RPAで異なるプラットフォームの情報を収集し、APIを通じて中央のデータベースに一元化。

効果: 予約処理時間の50%短縮と、誤差に起因するキャンセル数の80%減少。


事例2: 製薬企業の臨床試験データ管理


背景: グローバルに分散する試験データの集約と分析の遅れ。

RPAとAPIの利用: 各地の研究機関からRPAを用いてデータを取得し、APIを通じてクラウドベースの解析ツールに連携。

効果: データ解析のスピードが3倍に向上し、試験の完了から承認までの期間が40%短縮。


事例3: 通信業者の顧客対応改善


背景: 複数の顧客対応プラットフォームの情報非連携による対応の遅れ。

RPAとAPIの利用: RPAで顧客からの問い合わせ情報をリアルタイムに取得し、APIを利用して他の顧客対応プラットフォームとデータを共有。

効果: 顧客対応の平均応答時間が60%短縮。顧客満足度が20%向上。


これらの事例からも明らかなように、RPAとAPIの連携は、情報の非連携や手作業によるエラーを大幅に減少させるだけでなく、業務のスピードアップや顧客満足度の向上にも寄与しています。企業がデジタル変革を進める上で、この組み合わせの有効性はますます高まることが予測されます。




IV. RPAとAPI連携の実装手順



4-1. 必要な技術とツールの選定


RPAとAPI連携に関するプロジェクトを進行する際、成功の鍵は適切な技術やツールの選定にあります。この章では、その選定プロセスと重要なポイントについて考察します。


API対応:

RPAツールがAPIをサポートしているか確認することは必須。API対応がない場合、データのやりとりが困難となる可能性がある。


セキュリティ:

RPAとAPIの連携は、業務データを含むためセキュリティ面での評価が必要。特に外部サービスのAPIを利用する場合は、その安全性を十分に確認すること。


スケーラビリティ:

連携の範囲や頻度が増えることを想定し、スケーラビリティの高いツールや技術を選定する必要がある。


トラブルシューティング:

RPAとAPI連携時にエラーや問題が発生した場合、迅速に対応するためのツールや機能が必要。


事例:


事例1:

大手金融機関では、RPAツール「RoboFinance」を利用し、外部の為替レートAPIとの連携を行い、毎日の為替レートの自動取得・更新タスクを効率化。


事例2:

Eコマース企業「ShopMax」は、在庫管理RPAと仕入先のAPIを連携させ、自動で在庫情報を更新している。


事例3:

製薬会社「MediTech」では、RPAと臨床試験データベースのAPIを連携させ、試験結果の自動集計と分析を実現。


このように、RPAとAPIの連携は業界を問わず、業務効率化の大きなポテンシャルを持つので、正しい技術とツールの選定が成功の鍵となります。



4-2. 実装とテストのベストプラクティス


RPAとAPI連携の成功のためには、適切な実装とテストが不可欠です。以下はそのためのベストプラクティスを挙げます。


インクリメンタル実装:

複雑なプロセスを一度に実装するのではなく、小さな単位での実装を進める。段階的に機能を追加していくことで、問題が発生した際の特定や修正が容易となる。


エラーハンドリングの強化:

APIの応答が期待通りでなかった場合や、タイムアウトなどの例外処理を十分に考慮し、エラーハンドリングを強化する。


テスト自動化:

RPAとAPI連携のロジックは、頻繁な変更やアップデートが求められることが多い。これを効率的に管理するために、テスト自動化ツールの導入を検討する。


ログの詳細性:

トラブルが発生した際の原因追求を容易にするため、操作の詳細やAPIの応答内容を十分にログとして残す。


APIのレート制限を確認:

使用するAPIには、一定時間内のリクエスト数に制限があることが多い。これを超えないように、RPAの実行頻度やタイミングを調整する。


事例:


事例1:

ITサービス企業「TechBridge」は、インクリメンタル実装を採用し、RPAとAPIの連携の実装時間を半減させた。


事例2:

ロジスティクス会社「LogiFlow」は、テスト自動化ツールを導入し、毎月のAPI更新時のテスト工数を75%削減。


事例3:

食品メーカー「FoodCraft」は、エラーハンドリングを強化し、製造ラインの遅延をRPAとAPI連携による自動通知で大幅に減少。


適切なベストプラクティスを取り入れることで、RPAとAPI連携の安定性や効果を大幅に向上させることが可能となります。





V. 今後のRPAとAPI連携の展望



5-1. 進化するRPA技術とAPIの可能性


近年、RPAの進化は目覚ましいものがあります。特にAPIとの連携が増える中で、RPAの利便性とスケーラビリティが飛躍的に拡大しています。


API(Application Programming Interface)との連携により、RPAは単なる画面上の操作から、システム内部のデータや機能へのアクセスを直接行えるようになりました。これにより、より高速、正確、かつ複雑な業務自動化が可能になっています。


事例を以下に示します


金融業界:

多数の金融機関がAPIを介して取引データを取得。RPAはこれらのデータをリアルタイムで処理し、不正取引の検出やリスク評価を迅速に実施。


製造業:

生産ラインのセンサーデータをAPI経由で収集。RPAを用いて、データの解析や異常検知を自動化し、品質管理を効率化。


医療業界:

電子カルテのデータをAPIで取得し、RPAが診断支援のためのデータ整理や解析を実施。


物流業界:

トラッキング情報のAPIからデータを取得し、RPAが在庫管理や配送ステータスの自動更新を担当。


このように、RPAとAPIの連携は多岐にわたる業界や業務に革命をもたらしています。今後もその可能性は広がることが期待され、企業のデジタル変革を加速させる重要な要素となるでしょう。



5-2. ビジネスにおける連携の重要性の増加


現代のビジネス環境では、システム間のスムーズな連携が企業の競争力を大きく左右します。RPAとAPIの組み合わせは、この連携を最大限に活かし、業務効率と自動化のレベルを新たな高みへと導くキーとなっています。


APIは、異なるシステムやプラットフォーム間でデータや機能を共有するためのインターフェイスとして機能します。一方、RPAはこれらのAPIを通じて得られる情報や機能を、人の代わりに効率的に操作・処理します。これにより、企業は手間のかかるルーチンワークを自動化し、より価値ある業務に焦点を当てることが可能になります。


事例をいくつか以下に示します


リテール業界:

商品の在庫状況を各店舗のシステムからAPIで取得し、RPAが自動で注文・補充のプロセスを実施。これにより在庫の過不足を最小限に抑え、利益最大化を実現。


旅行業界:

航空券やホテルの空室状況をAPI経由で収集し、RPAが自動で最適な旅程の提案や予約を行う。これにより、顧客のニーズに迅速に対応。


不動産業界:

物件情報を様々なプラットフォームからAPIで集め、RPAが物件比較や希望条件に合わせた選定を自動化。


エネルギー業界:

発電所や太陽光パネルの出力データをAPIで取得し、RPAが電力需要予測や配分の最適化を自動で行う。


ビジネスの連携が求められる中、RPAとAPIの組み合わせは、迅速なデータアクセスと効率的な処理を実現し、企業のアジリティを向上させる有力なツールとして注目されています。



まとめ


このように、RPAはAPI連携に大きな影響を与えています。


しかし、使う際には気を付けなければならない点も存在します。


良かったら、あなたの会社にもRPAを導入してみてはいかがでしょうか


ここまで読んでいただきありがとうございました。



↓RPA運用サポート.comへの無料相談はこちらから

全国リモート対応可能。お気軽にお問い合わせください。



↓こちらから資料をダウンロードできます


Comentarios


bottom of page